髪を取り戻したいなら|リアップなら副作用が無くて安心

何とかしたい髪の悩み

男性の後ろ姿

頭皮に負担をかけない

知らず知らずのうちに頭皮に悪影響なことをしてしまい薄毛の要因を作っている可能性もあります。頭皮が痒くなってきたり、抜け毛が増えてきたと感じたら危険信号かもしれません。まずはシャンプーの仕方を見直してみてください。シャンプーする際には髪の毛が抜けやすいので無理やり髪の毛を引っ張ったりブラッシングするのは辞めましょう。また、シャンプーの液を頭皮に付けてから泡立てる行為も危険です。頭皮に傷をつけてしまう可能性が高くなります。特に爪の長い人は頭皮で直接泡立てようと爪で傷をつけて炎症を起こしてしまいます。頭皮で泡を立てるのではなく手で泡立ててから付けたほうが頭皮のためには良いですし、優しく確実に汚れを落とすことができます。

ダメージを与えない

薄毛の原因を作らないためには髪の毛や頭皮に負荷をかけないことです。髪を結ぶ習慣のある人は特に結ぶ部分に負荷が掛かってしまいます。従って一部分だけ髪の毛が薄くなる事もありますので気を付けましょう。頭皮に負担をかける行為としてはカラーリングやパーマなどが挙げられます。特に市販の薬剤は短時間で変化を出すために刺激の強いものを使用していますから頭皮にとっても悪影響ですし薄毛も進行しやすいのです。ヘアチェンジを頻繁に行う場合は頭皮に負担をかけてしまっている可能性がありますから気を付けましょう。美容室では髪の毛に負担をかけないような優しい成分のカラーやパーマ剤もあります。薄毛にならないためにも頭皮に負担をかけないように心がけてください。